パチュリー

初めてアロマセラピーに携わった時のハーブショプには、50種類を超えるエッセンシャルオイルが並んでいました。初心者の私には到底扱いきれないほどの香りばかりで、お世辞にも“良い香り”とは言い難い香りもあり、良さも見出せない時期でした。

そうは言っても香りを知らない事にはお客様に説明すらできないという現実もあり…慣れる事からスタートです。

 

その頃、第一印象最悪、これは…ちょっと…と思った香りがあります。

シソ科の植物でパチュリーという香りです。

多くのエッセンシャルオイルは生の植物を水蒸気蒸留法という方法で抽出するのですが、パチュリーは葉を乾燥・発酵させた後に水蒸気蒸留法で抽出します。その行程を踏み、抽出されている事もありエッセンシャルオイルには珍しい熟成型のオイルで、上質のワインの様に時間を重ねるほど香りが丸みを帯びる不思議な魅力を持った香りです。

 

その昔、インド産のカシミヤショールには虫食いから守る為に、乾燥させたパチュリーの葉をカシミヤショールの間に挟んでいたそうです。その後、インド産カシミヤショールの偽物が世に広まった際には、パチュリーの香りがするカシミヤショールがほんものの証とされていたと。衣服に移った香りは洗濯をしても残っている事もあるくらい持続性に優れた香りです。

アロマセラピストの間でもこの香りの虜になる方が多く、グランディングの香りとも云われ気持ちを落ち着かせ地に足をつかせることで現実的な判断ができるようになるとも云われています。

いくつかの香りをブレンドする際にも、パチュリー1滴が他の香りをしっかりとまとめ、軽やかな香りも揮発しづらくしてくれるので香水を作る際にも重宝するなど、実は長所をたくさん持った香りなのです。

先日、8年くらい熟成させていたパチュリーを使い終わりました。最後の一滴を使う事を躊躇するくらいトゲも無い深みのある香りに変化してくれていて、第一印象最悪の香りも今では最後の一滴を複雑な心持ちで大切に使い切るまでになり、パチュリーとは本当に不思議な香りだと思いました。

また新しい1本を開封し楽しみながら何年かかけて使ってみようと思います。

ココロとカラダと精油と…

カラダは正直です。ココロが無理をすればカラダは“不調”という手段を使って知らせてくれます。ココロが穏やかであればカラダも機嫌良く働いてくれます。

そして、ココロもカラダもそれぞれが“助け合いの精神”を持ち、どこかでトラブルが発生すれば、どこかでサポートして上手にバランスを保とうとします。

この仕事でなかったら、自分の身体の中で何が起こっているのか深く考えることなく、ココロもカラダも普通に動く事があたりまえに過ごしていたに違いありません。

身体の中は絶妙なチームワークによって24時間・年中無休で働いているのです。

このメカニズムは非の打ち所のない神様の最高傑作と感心するばかりで…

 

アロマオイルの質問で“お腹が痛い時は何の香りがいいですか?”の様な質問をされる事があります。そんな時は、どうしてお腹が痛いののか?決まって質問返しをするのですが、原因次第でオイルの選択は変わります。

アロマセラピーの考え方の一つにホリスティック(全体的)という考え方があり、痛みなどの疾患だけを見るのではなく、全体的に見て原因にも目を向ける。直接的ではありませんが、私はこの考え方が好きです。

結果には原因があります。結果だけを取り繕っても取り繕いに過ぎず、広い視野で原因を捉えることが結果、ピンポイントにオイルを合わせられるとも感じています。

この勉強を始めた頃、先生から“木を見て森を見ずでも森を見て木を見ずでもダメなんですよ。森も木もしっかり見なさい。”と言われた事が未だに、ココロやカラダの不調、精油の選び方、更には人の繋がりで廻る社会でもいえる事なのかな。とぼんやり考えると全ては繋がっているのかもしれません。

 

TAKEDA

No5

世界で最も有名な香水 CHANEL No5。

No5の香り自体を知らなくても、名前は知っているという方は多いのかもしれません。

ココ・シャネルという女性が世に名を馳せて以降『シャネル』へ憧れを抱いた女性は世界中にどれほどいるのか想像がつきません。

女性の装いからコルセットを外し、キャリアを重ねる女性の為のファッションを確立させたシャネルが、“自由な精神を有する現代の女性の心に訴えかける香りが必要”と考え、1921年の5番目の月、5月5日のコレクションで香水はお披露目されました。サンプルの段階の10本の香水には1〜5、20〜24のナンバーがうたれており『5番目のサンプルの名前は運がいい名前だからそのまま使う』と『No5』が誕生した話は有名なのかもしれません。シャネルは“5”というナンバーに強い運を感じていたそうで、その運は100年経とうとする今もなお輝いています。

香を身に纏うことが身だしなみやファッションショーの一つではなく、アイデンティティーとも取れる表現の一つになったのも、No5が始まりなのかもしれません。

 

香りを扱う者として気になるのがブレンドです。No5には、ローズやジャスミンなどの多くの精油とアルデヒドなどの合成香料が80種ほど混在しているとのこと。

その中でもジャスミンの香りが要となっているのか、No5に使用されるジャスミンの花はNo5の為だけに90年以上も同じ畑で栽培されているようです。

原料の供給がままならない状況下に何度か落ちいった中でも生産を止める事なく、守り続けられた香りには、シャネルの想いを受け継いだ多くの人の尽力があったのだと思うと背筋が伸びる気がします。

継続こそが困難だからこそ、継続に価値があると身を以ってわかりはじめたこの頃。

精油を使いはじめてからは香水が少し苦手になってしまったものの、微かに薫るNo5の香りには思わず振り返らせる程の存在感があり、惹かれてしまう気になる香りです。

 

TAKEDA

きほん

基本をわかっているから『型破り』、基本を知らなきゃ『形無し』っていうんですよ。

生前の中村勘三郎さんがおっしゃっているのを耳にして、テレビに釘付けになりました。

レオナルドダ・ヴィンチは肖像画を描く為に人の解剖・生理学を学び、人体の構造を知り尽くした上でキャンバスに向かったと。偉人と謂れ、頂点に君臨する方々の表立たない努力や積み重ねの逸話は耳にするたびに、やっぱり何かが違う!とため息と一緒に劣等感が流れ出てしまいます。

 

アロマセラピーも身体の事もまだまだ知らない事ばかりと不安になる事は日常茶飯事。

『またまた、そんな事ないでしょ?』と言われますが、人は見かけではないのです。

キャリアを重ねた分、重ねた時間に見合う実力なのか…と考えてしまうと、より一層不安になります。でもその不安が消えてしまった時は、興味がなくなった時か楽しくなくなった時。そして生業として終わらせてしまう時だと思っています。

 

情報が溢れかえる世の中です。好奇心があり足りないものを埋めようとするあまり、収集しすぎて本末転倒になった事もありました。あれやこれやと試し失敗したからこそ、ようやく、私の考えるメゾットが見えてきました。その根底にあるものも、いつもどおりの“きほんのつみかさね”。

迷い、失敗した時必ず辿り着いた答えも“きほんのつみかさね”。きほんを心と身体に染み付かせることが実力を備える近道かと…

シンプルすぎるから忘れてしまいがちですが、きほんを丁寧にコツコツ積み重ねる事が本当のプロの仕事なんだと、今更ですが、ようやく身をもってわかったように思います。

 

小さい頃に読んでいた“三びきのこぶた”も“うさぎとカメ”も今読み返すと、胸に沁みる物語になっているかもしれません。

 

TAKEDA

0 コメント

BLUE

Hiroshige Blue・Japan Blue…海外では藍色のことをそう表現されることもあります。

タデ科の植物で古来より青色に染める染料として使われた植物です。

海外でもインド藍で染められた作業着は、害虫や毒蛇から守る為とか…害虫たちは藍の香りを嫌い、解毒するはたらきもあったからと謂れています。

“Japan”の印象を強く付ける程“藍=日本”となったのも昔から庶民の間では藍色、紺、青、水色と濃淡の変化を唯一のおしゃれとして楽しむ事が許された色だった事以外にも、生活の中で無くてはならない植物だったようです。

 

藍染の職人さんに伺った話では、本藍染は洗濯洗剤を使わずとも汚れを落とし使い込む事で染料が繊維に馴染み布自体が強くなると。また藍染の布をインテリアに用いれば空気の浄化に…そんな話を聞けば“まさかハーブ?”と思い興味も倍増。

 

和漢薬草の中では、藍の生葉、乾燥葉、種子を煎じたり、すり潰し湿布や塗り薬として使っていた様で、解熱、消炎、解毒、止血、虫刺され、やけど…と効果も多く薬として重宝されていた様です。

インドやアジアの僧侶がまとう黄色い袈裟も昔はターメリック(ウコン)で染色する事で感染症などの病から僧侶の身を守っていたと謂れます。

昔から染料としても重宝された植物は身を守る事も兼ねており、人と植物共存の歴史は他にもまだまだある様です。

 

TAKEDA

0 コメント